トーシツ警備員の雑談

トーシツ警備員の日常

家族に感謝

家は、父が公務員で、母が専業主婦でした。4つ下の弟がいます。

僕は、家から出れない時期、いわゆる、ひきこもり期間が、6、7年あります。その間も、両親に、罵倒されたり、嫌味を言われたことが、ありません。無理矢理、一人暮らしさせられたり、就業させられてたら、無敵の人で、事件や事故をおこしていたかもしれません。

特に、弟からは、1度も、働けとか、学校行けと言われた事がありません。もし、弟に、みっともない、などと言われていたら、駄目になっていたでしょう。感謝してます。

縁あって警備員になって安月給ですが、自分で使えるお金があって、将棋の免状も取得できたし、書籍も買えるし、DVDも購入できるし、現在が、一番幸せなのかもしれません。

僕の場合は、家族が安全基地になってくれて、時期が来たら、働けるようになりました。家族に感謝です。