トーシツ警備員の雑談

トーシツ警備員の日常

精神科医と薬について

僕は、19で統合失調症を発病して30年、同じ病院に通院しています。そこの先生は、薬の調整が、上手で、名古屋や仙台からも、患者が通っていました。その先生は、数年前に亡くなりました。今は、息子さんが、担当しています。信頼できる先生です。

自分に合う薬を見つけるのは大変です。ある薬では、三日三晩、布団から出れず。また、ある薬では、4日間一睡も出来ず、じっとしてられず、夜中の2時に、隣町の駅のコンビニまで買い物に行ったりしたこともありました。また、自殺が頭から離れない、薬もありました。

そして、ある薬を飲むと、静かな湖の湖面のイメージがして、気分が、久々、落ち着きました。父も表情が穏やかになったよと喜んでくれました。おかげで、大学も卒業できました。

薬の副作用で苦しんでいる人がいるかもしれません。薬は、何十種類かの組み合わせで、必ず、自分に合う薬はあります。先生とこまめに相談して、自分に合う薬を見つけてください。